スタッフからのアドバイス
Advice

エンジンオイルが燃焼

2019/10/22 | スタッフからのアドバイス

エンジン不調で入庫した1500ccのハイブリッド車です。

自己診断機能で「多気筒失火」が表示され、特に3番、4番シリンダがひどい様子でした。

症状確認のため、長期でお預かりの了解をいただき、冷間時の状態を数日間確認しました。Honda診断機で、各センサーのデータを見たり他車のデータを比較しても不良個所の特定が出来ず、メカニカルな部分での不調と推測しました。

 

 

症状からまず、「オイル下がり」を疑い、インテークマニホールドを外して内部を確認。
該当シリンダーの吸気バルブが見えたので、確認するとバルブステムにデポジット(不完全燃焼生成物)が固着していました。

この修理は、エンジン上部を外してバルブを取り外さなければできません。

 


シリンダヘッドを取り外し

外したシリンダヘッド

各バルブを取り外す

 

取り外したバルブのデポジットを根気よく除去し、きれいに磨き上げて元のエンジンに復元します。

 

修理完了後1年以上経過しましたが、快適快調に使用され、大変お喜び頂けてます。

今回の不調の原因ではありませんが、エンジンオイルの定期的な交換は、このようなトラブルを予防する第一歩です。すでに「オイルは入っていればいい」の時代ではありませんので、気軽にお立ち寄りください。

ページの上部へ戻る